メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームを改善することや、それを予防することを目標にダイエットをしている人が最近とても多くなっているといいます。
「メタボリックシンドローム」最近頻繁に耳にするようになった言葉ですが、具合的にどういうものなのでしょうか。
生活習慣病には「肥満症」「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」などが含まれます。
そしてその原因は肥満であり、とくに内臓に脂肪が蓄積している状態の肥満だということがわかっています。
メタボリックシンドロームとはこの内臓に脂肪が蓄積されることにより病気が引き起こされた状態のことを指します。
メタボリックシンドロームを予防するためにはどうしたらよいでしょうか。
一番効果的なのは内臓に蓄積された脂肪を取るようなダイエットをすることです。
また実際にダイエットを始める前に身体に蓄積された脂肪の種類を知っておくことも大切です。
体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。
下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。
またそれぞれについて、洋ナシ形肥満やリンゴ型肥満などと呼ばれることもあります。体形の特徴からそう呼ばれるのです。
一口にメタボリックシンドロームと言ってもその中身は色々あります。また自分では気がつかないうちに病気が進行していることがあるので注意が必要です。
まずは自分の体の状態をきちんと把握しておき、メタボリックシンドロームとは何かということをよく理解するとよいでしょう。
そしてそれが効果的なダイエットを進める第一歩になり、メタボリックシンドロームの予防や改善をすることができるでしょう。
色々なダイエットの方法がありますので、自分にあったダイエット方法を見つけることが大切です。インターネットや本で探してみることをおすすめします。


メタボリックシンドロームの対策方法

自分ではまったく気がつかないうちに動脈硬化が進んでいることがあります。
それはメタボリックシンドロームになっている場合です。
メタボリックシンドローム対策として、ここでは動脈硬化についてご紹介していきます。内臓に脂肪が蓄積されることによって中性脂肪が増加し、善玉コレステロールが少ないと血液の流れが悪くなってしまいます。
よって中性脂肪の多い人はほとんどが血液がドロドロしています。
血液がドロドロの状態になり動脈硬化が進行すると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす原因となることがあります。
メタボリックシンドロームの対策が遅れるとこのような危険性があるのです。狭心症とは動脈硬化によって一時的に心臓に血液が送られない状態といいます。
心筋梗塞とは血管に血の塊が詰まる血栓ができ、血液の流れが止まって、心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなる状態です。
脳梗塞というのは脳細胞に血液が流れなくなる状態のことをいいます。
脳の血管に血栓ができることでおこります。
メタボリックシンドロームによって動脈硬化が進んでしまうと、これらの病気の要因となりえます。心筋梗塞や狭心症、脳梗塞は命に かかわる恐ろしい病気です。
この動脈硬化は様々なメタボリックシンドロームの中で一番恐ろしく気をつけなければならないものだと言えます。
普段から中性脂肪の値が高くても多少なら平気だろうと軽く考えていると、色々な条件と重なってメタボリックシンドロームを発症し、これらの病気の危険性が高まってしまいます。
検査によって動脈硬化の危険性が数値としてあらわれた場合は、生活習慣の改善によってメタボリックシンドロームと決別しサラサラの血液を目指して、日々の生活からメタボリックシンドロームの対策をましょう。
posted by おたすけ at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。