セルライトとは

近ごろテレビなどでよく耳にするようになった言葉にセルライトというものがあります。

セルライトとはいったいどういうものなのでしょうか。

簡単に言うとセルライトとは「脂肪のかたまり」という意味です。

血行が悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えて脂肪細胞が肥大化します。

この脂肪細胞が老廃物と絡み合っていきます。

それがセルライトに変化してしまうのです。

セルライトができると脂肪部分に厚みができて肌の表面がデコボコになります。

「オレンジピールスキン」と呼ばれる、肌の表面がオレンジの皮のように見えるぐらいに症状が悪化することもあります。

ただし肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してきてからです。

実際には見た目にはわからないうちにセルライトが生成されていることがあります。

セルライトにはきちんとした除去の対策が必要です。なぜなら通常のダイエットだけでは解消できないからです。

身体の中でもとくに皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいのが特徴です。またセルライトは女性に多く見られ、8割の女性はセルライトがあるといわれています。

他にもお腹や最近では顔にできるセルライトが話題になっています。

セルライトは血行が悪くなると発生しやすいので、運動不足になりがちな成人女性に多くみられます。日頃から運動不足にならないように心がけましょう。

セルライトの原因

 

運動不足や加齢、むくみや冷え性などセルライトの原因としてあげられるものは様々あります。

とにかく身体の血行が悪くなることによってセルライトは生成されるのです。

そして「運動不足」「加齢」はその血行が悪くなる原因としてあげられます。

さらに「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなる原因になってしまいます。

下半身の血行が悪いことが原因で、「太もも」「お尻」などセルライトができやすい部分は下半身に集中しているのです。

セルライトは脂肪細胞との関わりがその原因となることもわかっています。

脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、そして蓄積を行う細胞のことです。

脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加すると体脂肪率が上がっていきます。それが肥満の原因です。

脂肪細胞はいったん数が増えると、その後なくなっていくことがないのが、他の細胞とは違い厄介だといえます。

ダイエットをして表面的には痩せたように見えても、脂肪細胞の数そのものは減らないということになります。

ですからセルライトの除去はずっと継続的にしなければならないのです。

そして脂肪細胞というものは若いときだけではなく、ある程度の年齢になっても増殖することがわかっています。

大人の女性は運動不足になりがちですから、セルライトができやすいとうのもうなずけることです。

以上のような原因をふまえてセルライト解消の対策をしていく必要があるのではないでしょうか。

posted by おたすけ at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | セルライトとは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。