排泄系ダイエット

便秘の治療と予防でもっとも大切なのは食生活を正すことです。

いろいろ試したのに便秘が治らないという方の中にも肝心な食生活をおろそかにしている人がかなりいるのではないでしょうか。

便秘解消のための食生活の基本をお伝えします便意がいちばん起こりやすいのは朝食後です。
 
朝食を食べなくては、便意の起こるきっかけがつかめません。

また暴飲暴食や、胃腸のリズムを崩してしまう、深夜の夜食も控えましょう。

規則正しい食生活で、胃腸の働きにリズムをつけましょうは、便の材料なります。
 
食物繊維は、ほとんど消化吸収されないため、たくさん摂取すれば便の量が増え腸を刺激します。
 
腸の運動が活発化するので便意も起こりやすくなります。

また、食物繊維には水分が多く、便をほどよい柔らかさに保つ働きもあります。

食物繊維を多く含む食品は、ご存じ、海藻類やきのこ類カロリーがかなり低く、

食物繊維が豊富なこれらの食材は便秘がちなダイエッターには強い味方です。

また、抗酸化作用がある「老化防止のビタミン」ビタミンは、

便秘にも効果があるとされていますその理由はまだ判明していませんが、

ビタミンには末梢血管を拡張する作用があるため、腸の血行がよくなり働きが高まるほか、

自律神経の働きを調整する作用が関係しているのではないかと考えられています。

ビタミンを多く含む食品は、大豆やごま、うなぎやカツオ、サンマなどの魚です。  

大豆油やごま油、コーン油にも豊富に含まれています。
posted by おたすけ at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 排泄系ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。